観光の原理原則

観光の原理原則ヘッダー画像

みなさんは、観光についてご存知でしょうか。 アニメの中で鉄郎とメーテルが座っている客車は、4人掛けのボックス席です。実際にこれらの規則文書があるわけではないので、あくまでアニメの中の台詞や資料からの推測になりますが、かなり厳しい掟が存在することは確かなようです。当初の計画では、銀河超特急999号は大阪と津和野の間で、9月9日の深夜に出発し3日間かけて往復する予定が立てられていました。現在ではJR東日本館内でイベント列車を引いて活躍し、デゴイチヨンキュッパと呼ばれ親しまれています。次に客車の内部を見てみましょう。これには諸説ありますが、C62-50で描いたテレビ版が放送されている時に、当時の国鉄がアニメの作者である松本零士さんにC62-48のプレートを進呈したため、という説が有力なようです。

これを見れば、観光についての事が分かるでしょう。 C62形の2号機は1948年に誕生し、山陽本線に配置後、1950年には大阪の宮原機関区に移動し「つばめ」など大阪と浜松間の特急列車を牽引しました。ピョーッという甲高いホイッスルはスイス国鉄から親善として贈られたもので、本場の登山汽笛を奏でてこの急勾配をグングン上っていきます。D51形498号機は山陽本線や大阪吹田、常磐線平、北陸本線直江津、羽越本線新津などで使われた後、酒田で廃車となりました。蒸気機関車は大人には懐かしく、子どもには新鮮でカッコイイ乗り物として人気があります。現在、SL運行している鉄道会社と聞くと、静岡県の大井川鉄道を思い浮かべる人も多いことでしょう。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 観光の原理原則 All Rights Reserved.